インスタントコーヒーはカフェオレ気分

ベトナムコーヒーはちょっと苦すぎて自分には合わないな。
そう言う方に最適なのがベトナムインスタントコーヒーです。

ベトナムでは有名なメーカーが出しているインスタントコーヒーで、ベトナム人はもとより外国人に圧倒的な人気を誇っています。

インスタントコーヒーの特徴

カップに粉末を入れて熱湯を注ぐだけですが、実はこのインスタントコーヒーの特徴は「3in1」なのです。
粉末には「コーヒー」「ミルク」「砂糖」の三つが入っていて、味はまさにカフェオレです。
通常のベトナムコーヒーと比べてクセもないため飲みやすく、まさに日本人ウケします。

値段を見てみよう

購入スポットは市場やスーパー、コンビニなどどこでも売られています。
しかし、私の調査によれば、一番安いのはスーパーです。

市場では相場約200円程度で交渉はききませんでした。(ベトナム語で粘っても撃沈しました…)
コンビニだと180円ほどで、スーパーであれば150円で購入することができます。

私の一番のおすすめ

このインスタントコーヒーはホーチミン観光のお土産で最もおすすめです。
なぜなら先に説明したとおり、味はカフェオレなので万人受けするほか、自分用のお土産にも最適です。

ベトナム人の若者は虜になっている

年配の方はこのインスタントコーヒーを見て「邪道」とか、「インスタントコーヒーは不味い」とか言います。
しかし、これも時代の流れですね。
他方ベトナムの10代20代の若者は好んでこのインスタントコーヒーを飲みます。

覚えて得するベトナム語講座

コーヒーはベトナム語で「cafe(カフェ)」。 ミルクは「sua(スア)」。
氷は「da(ダー)」 ホットは「non(ノン)」です。

これらをくっつけると、アイスコーヒーは「cafe da」。
アイスミルクコーヒーは「cafe sua da」。
ホットコーヒーは「cafe non」となります。

ベトナムへ観光旅行に訪れたら、おそらくコーヒーを飲む機会は多々あるでしょう。
相手が英語が通じない場合は是非上記のベトナム語を試してみてください。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP