ベトナムスタイルコーヒー

ベトナムは世界的に見てもコーヒーの産地であります。
あまり知られてはいませんが、実はベトナムはコーヒー豆の輸出高は世界第2位なのです!
もちろん日本にも多く輸出されていますが、そのほとんどは欧米へ運ばれています。

ベンタイン市場に行けば幾種類ものコーヒー豆が大量に売られているのが分かります。
香ばしい香りにそそられて、ついつい大量に購入してしまう人も多いはず。

また、ベトナム人は独特な道具を使って古くからコーヒーを飲んでいます。
是非日本に持ち帰ったあかつきにはベトナムスタイルでコーヒーを飲んでみてください。

コーヒー豆は量り売り

日本では通常パックで販売されていますが、市場などで見かけるのはすべてが量り売りです。
値段はもちろん交渉制なので、相場が分からない人や交渉が苦手な方はスーパーで購入しましょう。
スーパーではパックで販売されています。

コーヒーを飲む方法

実際ベトナム人は写真の道具を使ってコーヒーを飲みます。
ここでは使い方を説明しましょう。

①粉末にしたコーヒーをカップの中に入れる。
②カップをソーサーの上に置き、さらにコーヒーカップの上に据え置く。
③熱湯を注ぐ。
④少しずつソーサーからコーヒーカップに滴り落ちます。
⑤暫く待つ。

ベトナム人が特に重宝しているのは⑤です。
待っている間友達とお喋りをして時間を楽しく過ごします。
また、このままでは苦くて飲めたものではない!という方は砂糖を多めに入れましょう。

「自分はコーヒー通だからブラック派だよ」
と豪語される方へ一言。

「コーヒーの本場のブラジルでは砂糖をドバドバ入れますよ…」

購入場所

この道具は市場でもスーパーでもどこでも手に入れることができます。
市場だと外国人価格なので、スーパーで購入した方が無難でしょう。

日本人に絶大な支持

社会人の方の中には「自分はほとんど毎日コーヒーを飲んでいるよ」とおっしゃる方も多いはずです。
それだけ文化として定着しているコーヒーをお土産に買っていけば、喜ばれることは必至です。
上手い不味いではなく、「ベトナムスタイルコーヒー」として紹介すれば物珍しさで感謝度もぐっとアップするはずです♪

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP