中部ダナンに来たら大理石像で決まり

 

中部大都市ダナンから車で30分ほど南下すると世界遺産の町「ホイアン」へ行くことができます。
その道中に見える5つの連山があります。
それが「五行山」と呼ばれる観光スポットです。

この山の特質は「山全体が大理石」なのです。
英語では「マーブル(大理石)マウンテン」と呼ばれていて、この山から採掘される大理石は加工してベトナム全土のお土産屋に運ばれます。
五行山周辺には大理石で作られた像や置物を売っているお土産ショップも数多くあり、観光客に注目されています。

大理石の選び方

外国人がお土産で購入する場合は手の平サイズの小さな置物となるでしょう。
純正大理石なので一つとして同じ色合いはなく、どれも微妙に色彩や模様が異なります。

大理石の特徴は、つるつるとした肌触りで質量があるため小さな物でも相応の重量があります。
市場で購入すると偽物に当たる可能性もあるため、五行山周辺の専門店で購入するようにしましょう。

ホーチミンでも購入できる

ベンタイン市場などでも大理石のお土産は置いてあります。
しかし、本物か偽物かの判断が難しいため、スタッフに「これは大理石よ」と言われてもなかなか信用できません。

大理石はとても高価なものなので、小さなサイズでも一体1000円程度します。
あまりに法外な値段をふっかけてくる店は要注意ですし、逆に安すぎる値段も信用できません。

お土産には適さない?

自宅に飾る用に一つ買うのであればいいのですが、友人家族などに贈るお土産としてはあまり適しているとは言えません。
先にも説明しましたが、小さいサイズでも非常に重いので持って帰るのが大変です。
また、預け荷物にすると破損してしまう危険もあります。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP