日本でも使えるお洒落バッグ

ベトナムには日本ではあまり見かけない洒落たバッグがたくさんあります。
日本のようなブランド物、良質な素材を探すことは難しいですが、ベトナムならではの特徴あるバッグはお土産には最適です。
休日にベトナムバッグを持ってでかけたら個性が出ること間違いありません。

バッグの値段はピンキリ

バッグの値段は安いもので800円程度、高いものだと2000円くらいです。
ただ、2000円出すのであれば、日本で上質なお洒落バッグを購入した方がいいので、ここはあくまでもお土産として安いバッグを選びましょう。

百貨店の買い物は厳禁!

ダイヤモンドプラザなどブランドショップであればいいのですが、百貨店などに置かれているバッグはみんな「ルイ・ビトン」や「シャネル」、「グッチ」などコピー商品です。
日本だと百貨店に並んでいる商品はすべてが本物ですが、ベトナムはすべてがコピーと思ってください。

なお、コピー商品は日本では違法なので持ち込むことはできません。

市場でお洒落バッグを購入しよう

バッグの購入先は是非市場で!
おすすめの選び方としては実用性に富んでいるものよりか、外見が可愛らしいものを選びましょう。
品質からして長く使えるものではありませんので、いかに安くて洒落た物を選ぶかが後悔しない鍵となります(^^)

「刺繍」という言葉は要注意

バッグのデザインを確認する際、店員が「これは刺繍なので良い物です」とよく言ってきます。
確かに刺繍はベトナムの文化ですし、お土産のイメージとしては最適なのですが、刺繍にも品質の良し悪しがあります。

確かめて欲しいところは「刺繍の細かさ」です。
1ミリの隙間なく刺繍が施されていて、なおかつ種類豊富な色合いを持っているものが良質な刺繍と言えます。
中には素人が縫ったかのような適当な刺繍画もありますので、刺繍の出来具合を顔を近づけて確認するようにしてください。

日本で大人気のアジアン雑貨

日本では近年アジアン雑貨が大人気ですね。
中でもアジアンテイストのトートバッグは若い女性に絶大な人気があり、現在は通販でも買えるほどです。
カラフルなトートバッグを買い揃えて部屋に置くのもインテリアとして洒落ていますし、ちょっと外出という場面でも活躍します。

市場を散策していると雑貨経営のバイヤーの姿もちらほらうかがうことができます。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP