自宅で極楽、アロマオイル

ベトナムもタイと同様マッサージ天国です。
痛みが伴うタイ式マッサージがあるように、ベトナム式マッサージというものもあります。

アロマオイルマッサージ

トナム式マッサージは基本アロマオイルを伴います。
身体全体に染みこませるように塗りたくってすべすべの肌になります。
最近では「女子力」という言葉が流行っていますが、女子力アップのためにもアロマオイルマッサージはおすすめです。
アンチエイジングにも効果があることでしょう。

アロマオイルをお土産に

エステ店では実際サービスに使用しているアロマオイルを購入することができます。
日本で市販されているオイルよりも香りが強烈なので、購入する際は嗅いで確かめましょう。

アロマオイルの値段は

安い物だと300円、高いものでも1000円することはありません。
ただし、安物は皮膚荒れを起こす原因にもなりますのでご注意ください。

市場での購入はおすすめしない

アロマオイルは市場でも購入することができます。
しかし、アロマオイルは保存状態が悪いと変色したり匂いが蒸発してしまいます。
購入場所にはデパート、もしくはエステ店を選びましょう。

日本への持込

日本へ持ち込み際は預け荷物に入れましょう。
現在手荷物検査が厳しくなっていますので、100ミリリットルを越えた液体物を持ち込むことはできません。
「奥に隠しておけば大丈夫だろう」とくれぐれも高を括らないようにしてください。
X線に通すので確実に見つかります。
見つかったものは処分の対象になります。

アロマオイルの使い方

自分で行う場合は腕や足に重点的に塗りましょう。
太ももの付け根部分からふくらはぎ、足、足の指と上から下へ滑らせるように塗ってください。

パートナーに頼むときはまず背中全体に塗ってオイルを染みこませます。
その次に背骨にそって両手の甲で筋肉を押してもらいましょう。
注意点は背骨に甲があたると痛いので、背骨付近の筋肉に圧力をかけるというイメージです。
オイルをしないで行うと力が強すぎて赤くなってしまいますが、オイルを塗っておくことによって防ぐことができます。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP